【令和3年7月】

木族の家_施工事例R310

施工事例名
平屋に2階建てを増築!安曇野の小屋
PR文

◆平屋に2階建てを増築し、今の暮らしにフィット
ライフスタイルの変化に伴い、昨年完成した平屋のおうちを増築したT様邸。
安曇野の風景と調和する土壁調の外観と、木と漆喰の内観は、もともとの建物とデザインを統一。
玄関へのアプローチが広々感じられるよう、増築部分の配置にも気を配りました。

◆家族の時間も個人の時間も大切にする
玄関ホールを抜けると広がる、家族が集うLDK。
ダークブラウンの木部が空間をシックに演出します。
LDKを抜けると、個々の部屋へとつながります。
個室はそれぞれが独立してプライシーが保たれるつくりに。
大人も子どもも「自分時間」をじっくりと楽しめます。

◆住まう人にも、安曇野の山にもうれしい室内空間
1階のフロアには安曇野産のカラマツと赤松を。
地元の木材を活用することは、地元の林業の活性化に、さらには信州の里山を未来へとつなげます。
壁と天井は、上質な質感が魅力の漆喰塗り。
漆喰には調湿性、抗菌性に優れるなど健やかな空気を創り出すうれしい効果も。

◆タイルカーペットで楽々!快適♪
2階の床は足に優しいタイルカーペットを敷き詰めました。
一枚一枚取り外しができるから、お掃除もラクチン♪

他にも、家族で使える大容量ウォークインクローゼットや、タイルを贅沢にあしらったキッチンや水回りなど、みどころたくさん。

まじめでおしゃれな工務店がつくる、ちょっとかっこいい「木の家」ができました。

床面積
30.64坪
土地面積
237.93坪
工法
木造軸組工法
竣工年
令和3年7月
詳しくはこちらから
シェアボタン:
Share on facebook
Share on twitter