信州木造住宅協会とは

ホーム > 信州木造住宅協会とは

信州木造協会とは?

“美しい自然と木のぬくもりの家を”
長野県で木造住宅を建てるなら地元工務店で

信州木造住宅協会とは?

「地元工務店による工務店の為の団体」として、長野県の各地域に根付く工務店が、お互い に協力し合い知識の習得や技能を磨き、信州の気候風土にあう木造住宅を手掛ける工務店の団体として活動をしています。

工務店で選ぶ理由

「地力の家」(造語)、地元の風習・習慣・気候風土を知り、地元の材料を活用し、地元の職人で手掛ける家。
まさに地力を持つ地元の工務店だから出来る事。
建てた後も長きにわたり行われる定期点検やメンテナンス、地元だからこそ迅速な対応で自分の家を守ってくれる。
そんな工務店が力を合わせ、量産メーカーに負けない「安心」「安全」「信頼」を目指して活動をしています。

信州木造住宅協会で選ぶ、その理由は?

地域工務店は、目まぐるしく変わる国の施策や補助制度など、工務店個々の頑張りでは難しい事も、協会の 活動を通しお互いにレベルアップをして、量産メーカーに負けない「安心」「安全」「信頼」をお届け致します。
新築からリフォームまで、補助金や税制優遇、お借り入れや資金計画 まで、詳細は会員工務店にご相談ください。 また、当会は(一社) JBN・全国工務店協会の連携団体としても活動をしており、国からの情報 収集や全国で頑張る優秀な工務店との交流をすることで、常に先を行く工務店の団体として日々お客様のより良いお家づくりのお手伝いをしております。

具体的対応方法
代表理事 挨拶

信州にはこだわりの小さな旅館や、飛び切りのシェフがもてなしてくれる小さなレストランがキラ星のごとく存在するように、小さくてもきらりと光る工務店も又、沢山存在します。
信州木造住宅協会は、地元に密着した工務店の集まりです。大手ハウスメーカーやビルダーのような「ブランド」はありませんが、京都の老舗がこだわってきたような「のれん」の心を大切にしています。
私たちは、地元に根差した工務店が、地元の木を使い住宅建築を通して持続可能な社会を目指してまいります。信州木造住宅協会並びに会員工務店を今後ともよろしくお願いいたします。

一般社団法人 信州木造住宅協会
代表理事  田中 俊男

関係企業・団体バナー